ろっかーの中

ちょっぴりオタクでちょっぴりバンギャなアングラ乙女の日記

【ユーリ!!! on ICE】第11滑走感想(YOI11話ネタバレ有)

天田です。

もう何も考えたくないです。

 

何を考察すりゃいいのって感じです。

 

先週も10話の記事を書いていたのにしんどくて途中で書くのやめて……

とにかく、11話は勇利くんの意志がしっかり見えたなという一言に尽きるのですが…

 

やっぱり、勇利とヴィクトルが一緒に歩みながら見ていたものはあくまでも勝生勇利という選手の人生の一部分だった。

それにピリオドを打つということは新しい勝生勇利として生きていくということ。

多分、そこにヴィクトルが何らかの形でそばにいるのだとは思うけれど、まだどうなるかわからない。個人的には、選手に復帰したヴィクトルを次は勇利が支えてほしいなとも思う。

そして、コーチをしていたからこそ気づけたこと、勇利を通して培った表現力がヴィクトルを強くしてお互いの存在があった上での自分自身の強みを見せてくるのかな。

 

ちょっと、一回、記事書くのやめます。

なんだこれは、ユリオやピチット君やクリス、オタベック、JJ……書きたいことは山ほどあるのにしんどくなってきた。

うわ、ナニコレ、まじで、は!?

無理いいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!