ろっかーの中

ちょっぴりオタクでちょっぴりバンギャなアングラ乙女の日記

ユーリ!!! on ICEは腐向けではないと思う。

こんばんは、天田です。

 

かなり前にカブキブ情報のブログ記事を書いていたのですが、内容が古くなってしまったのでどうしよーってなってる間に今期の熱いアニメユーリ!!! on ICEにまんまとハマってしまいました。しんどい。

 

何がしんどいって私はヴィクトルがしんどい。沼どっぷり。

表向きはカッコいいリビングレジェンドのヴィクトルを演じつつエロスを振りまいたかと思えば、おちゃらけてみたり可愛い子ぶる。そのくせに、自分の中の自分と見つめ合って葛藤する姿は誰にも見せないしマッカチン(飼い犬)しか友達いないんじゃねえの?と思わせる孤独感。そして、CVべ様(諏訪部さん)。好きにならないわけがないじゃない!?

と、思っているとやはり生活にもハリが出てきましたね。

出先でも見れるようにYOIを配信している有料サイトでいつでもアニメ見れるようにしたり、気づけば曲を買っているし、あらまあらまと上映会まで…。あらまあらま。

今までYOIなしの生活を送ってきた私のルーティンに容易く割り込んできたYOI恐ろしい。が、その充実感がたまらない。

 

そんなYOIにまみれた生活を送っている天田ですが、このユーリ!!! on ICEは巷で腐向けアニメとも呼ばれているらしい

 

でもね、正直私は腐向けだとは思わない。

彼らの情熱や信頼を一括りに“腐(BL)”とまとめてしまうのは勿体ないと思う。

 

たしかに、作中ではわかりやすく“愛”というテーマを持って男同士で愛について説いているからフィルターを通してしまえば簡単に腐らせることはできてしまうのですが……

たとえばヴィクトルや勇利の接し方一つにしても、そこには性的な意味での愛は感じられなくて、相手に対しての敬いだったり興味だったり不安が垣間見れる。

そこにある愛は絆というか、唯一無二の存在であるヴィクトル・ニキフォロフと勝生勇利という人間を“人”として互いに愛し、愛されている関係性なのだと私は考えている。

もし、あの二人がキスをしたとしても家族とするキスのように感じることもできるだろうし、本当に心の底から愛している二人が形として感情を表現するためにキスしたのだと思うだろう。多分、「ちゅっちゅした!やばい!ちゅっちゅした!公式が大手やんけ!!」とはならない。

あのキャラクター達は“LIKE”という枠の中で収まることはないし“LOVE”という概念に囚われることもないはず。

 

なんでもかんでも腐らせたいわけではない。

美味しい素材をむやみやたらに調味料で味付けして頂くことはしない。

素材の味を活かして美味しくいただくならまだしも、濃い味付けにして素材の味が消えるまで調味料を加えたら元も子もない!

 

もうね、YOIという作品は原作の素材の味が良いの。とにかく良いの。

そこに私たちが何らかのスパイスを加えることなく、いや、むしろ加えないでパーフェクトと呼べる一品をテーブルに並べてくれるの。

きっと、ワンクールという限られたアニメ枠の中で最高のフルコースを味わうことができる作品。

 

だからこそ、「今期の腐向けアニメなんでしょ?」と敬遠している方々には一回腐向けという概念を頭から取り除いた状態で見て欲しい。

表面的にピックアップされる場面は男と男が画面いっぱいに接近しているシーンが多いけれど、実際全体を通して見てみるとそんなことはない。

作画が綺麗だしテンポも良い。何より“音”にこだわっている作品だと思います。

BGM一つにしてもキャラクターの心情や静けさ、闘志が感じられるし、氷に触れる音や気迫、勢い、全てが耳に心地よく自然に伝わってくるのです。

それに、声優の演技が素晴らしい。特に主人公の勇利を演じている豊永利行さんはすごい。すごい。本当にすごい。語彙力がなくなるくらいすごい。

豊永さんの自然な演技がキャラクターは実在しているのだと、私たちが生きている世界線のどこかに同じ時を刻みながら生きているキャラクターがいるのだと思わせてくれます。見ればわかる。

 

さて、YOIの熱が冷めやらぬまま熱く書いてしまいましたが、私も腐女子

腐らせることを否定したりなどはしていません。むしろ節操のない腐女子なのでYOI二次創作でたまらなく美味しい腐向けがあったら「んめーんめーありがたや~」って言いながらむしゃむしゃもぐもぐしています!

 

ただ、今期の腐向けアニメと呼ばれていることに違和感を感じているだけです。

それだけはここに明言しておきたかった。

 

「女性向けだから~」と見もせずに避けてしまったら勿体ない作品。

言ってしまえばスポ根しながら「愛ってなんだろ!?え、愛って何!?まじで!はぁぁぁぁ…しんど…愛を知らないと演技も息詰まるの?かぁぁぁぁっ…しんど…」ってキャラクター達もしんどくなりながら視聴者のこちら側も「あー…あの子たち苦しんでる…しんどい…応援する…」ってなるアニメだから。

普通にフィギュアスケート選手を応援する気持ちで見てみたら割と面白い。

 

だから、皆さん、一緒にYOI見ましょう。

今は6話まで進んでいますが、6話も進んだと思えない。

見ていると時が進むの早すぎる。YOI見る度に若返るのではないかと思う。

 

生き急いでいる人は是非一度YOIを見て落ち着いて欲しい。

 

いつかはYOI終わる日が来るとわかっていながらその日が来るのを既に恐れている天田。今日も元気にYOI充しながら寝ます。

 

おやすみなさーい。

 

天田